商品評価グループ

皮膚について考える

一覧をみる
Date:2019.03.08
突然ですが、人の身体の中で“最も大きな臓器”は何かと
聞かれたら、皆様は何を思い浮かべるでしょうか。

正解は「皮膚」です。臓器と聞くと、自分では見ることが
できない身体の内部にある肝臓や肺などの臓器を
想像する方も多いと思いますが、
実は皮膚もその臓器の1つで、人の身体全体を包んでいる
「最大の臓器」と呼ばれています。

最大の臓器と呼ばれる所以は、その面積と重さにあります。
皮膚の面積は、成人でおよそ畳1枚分(約1.6㎡)に相当し、
重さは体重の約16%を占めていると言われています。
体重60kgの方だとなんと約9.6kgが皮膚、という計算に
なるのです。

皮膚の役割は外見を美しくみせることだけでは
ありません。皮膚は、体内の水分の保持、外部から浸入する
異物(化学物質や細菌など)の防御、体温の調節・維持や、
外からの衝撃に対するクッションの役割など、
生命を維持するために無くてはならない役割も
担っているのです。

このようにいつもとは違う目線で皮膚のことを
考えてみると、改めて皮膚はとても大事なのだと
納得できますね。

わたしたちは、そんなみなさまの大事な皮膚を、
いつまでも健康に美しく保つためのサポートができるよう
これからも研究を続けていきます。