広報グループ

半分は無意味!?ビタミンCのお話。

一覧をみる
Date:2019.03.04
こんにちは、広報グループです。
ちょうど1ヶ月前の2月4日はドクターシーラボが制定した「ビタミンCケアの日」でした。
広報グループではこの日を多くの方に認知いただきたいということで、当社が独自で行ったビタミンCに関する調査とお勧めビタミンCアイテムを、ニュースリリースとしてWEB上で発信いたしました。

今回20~50代の男女433名に行った調査では、日頃からビタミンCを積極的に摂っている人は約4割という結果に。
その方々へ、ビタミンCの1日の摂取基準量を聞いたところ
「わからない」という回答が最も多く、次いで「100mg」「300mg」「1,000mg」という順番でした。
『意識して毎日ビタミンCを摂っているが基準量を知らない』『自分のこの量だと足りないかも?』
と感じている人が多いようです。

さらに、このことから、厚生労働省が示す成人の食事摂取基準でのビタミンC推奨量が1日100mg(※)であることを、約8割の人が知らないことが判明しました。
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準 2015年版」参照


実は、ビタミンCは食べ物やサプリメントなど口から積極的に摂っても、約半分は体外に排出されるといわれています。
さらに現代人はさまざまなストレスや大気汚染などの影響でビタミンCを多量に消費しているため、より多くの摂取が必要。
野菜や果物など食品の場合はビタミンCが水溶性のため、洗い過ぎない・茹で過ぎないことが効率よく摂取するためのポイントとして挙げられます。

手間をかけず効率的に摂りたいという方には、“高吸収型ビタミンC”サプリメントがおすすめです。
近年開発されたカプセル化など体外に排出されにくい成分で構成されたものは、瞬時に吸収されしっかりと持続するためビタミンCパワーを存分に長時間発揮するのです。

このように、広報グループでは皆さまの健康や美容に役立つ情報を、さまざまな場面で発信しております。
ぜひお時間がある際は「ドクターシーラボ リリース」でチェックしてみてくださいね!

▼今回発信したニュースリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000369.000002961.html