品質管理グループ

安定性試験について

一覧をみる
Date:2018.12.27
皆さまこんにちは、品質管理グループです!
いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたね。

今日は品質管理グループで行っている様々な試験の内のひとつの、安定性試験についてお話したいと思います。

この試験では、いくつかの条件下で商品を保管して、化粧品の中身や容器がどのように変化していくかを確認しています。

商品によっては中身の成分の影響で色が変わってきたり、使用感に変化が出やすいものや、逆に安定していて過酷な条件下でも変化が出にくいものもあります。
この試験で、商品に問題が無いかを確認するのは勿論ですが、一つ一つの商品の性質を把握することで、改良に繋げたり、お客様からお問い合わせをいただいた際にしっかりとお答えできるように努めています。

では実際、どのような条件で保管をすると化粧品に変化が出やすいかといいますと、まずダントツで日光に当たる場所が一番かと思います。

長い期間日光に当てておくと中身の化粧品の色や香りが変化するのもそうですが、容器の印刷等が褪色してくることもあります。それから、高温の場所も長く化粧品を置いておくと、中身の色が変化したり、香りが弱くなってしまうことがあります。

よく化粧箱の注意事項に『直射日光や高温多湿の場所を避けて保管してください』と記載があるのはこういうことですね。

ご購入いただいた後も、最後まで気持ちよくご使用いただけますように、是非注意書きをよくお読みいただき、それぞれの化粧品に合った場所に保管していただけると嬉しいです。

私たちもお客様により良い商品をお届けできるように日々努力してまいります!