正しく、魅力的に伝える「言葉選び」

From:商品企画グループ Date:2019.02.01

皆様こんにちは。今日から2月ですね。

私は昨年の夏に商品企画グループに配属されてから半年が経ちます。少しずつ商品企画のお仕事に携わり、商品がどうやって出来上がっていくのかを学んでいる最中ですが、そんな中で私が今、難しいと感じているのが、商品の特長を正しく魅力的に伝えるための「言葉選び」です。

たとえば皆様は化粧水を買おうとドラッグストアへ行ったとき、たくさんの化粧水が売られている中でどれを選ぶか、どうやって決めますか?
化粧水のパッケージに書かれた説明文を読んで魅力的に感じたものを選ぶという方も多いのではないでしょうか。

ドクターシーラボの化粧品も手に取ったお客様にきちんと知ってもらえるよう、商品のパッケージに特長や使い方などが書いてありますが、実はこの文面を作っているのは私たち商品企画グループです。

こうした説明文は何を書いてもよいわけではなく、お客様に商品のことを正しく理解していただき安全に使用していただくために、法律で定められている様々なルールを守って書かなければなりません。お客様に誤解を与えるような表現や、商品についての誤った説明を書いてしまうと法律に違反することになるため、細心の注意を払って内容を決めているのです。

社内では安心して使える商品作りのために、こうした法律への理解も深めようと、専門の先生によるセミナーも行っています。

法律を守りながら、且つお客様に商品の魅力が伝わり、使いたいと思ってもらえるような言い回しを探すことは、いざやってみるととても難しいのですが、同時に面白い仕事だと感じています。

ぜひ、私たちが考え抜いて作ったシーラボ商品のパッケージの文面にも注目してみてください!