警戒注意!コンピュータウイルス感染

From:内部監査部 Date:2018.12.19

アンチウイルスソフトを常に最新化していれば
コンピュータウイルスに感染しないという
認識はすでに甘いようです。
特に電子メールを介した感染事例は
多く紹介されていますね。

電子メールそのものにはウイルスはないので
アンチウイルスソフトや迷惑メールのフィルターを
すり抜けて届く「偽装メール」もより手口が
巧妙になっています。
最近もクレジットカードや金融機関、
宅配業者を偽装したビジネスメールや
「ハッキングされた」などと煽るような
偽装メールの事例も多くあります。

一方、巧妙に見えて添付ファイルの識別子や
メールの件名が変だったり、本文も日本語の直訳の
ような変な文章だったりと、気付くポイントもあります。

常に注意力を持って自身に身に覚えのない
メールやWebページを開かないことを徹底することで、
感染事故のリスクを低減することができます。

ドクターシーラボでもウイルス感染の事例や
万一感染した場合の即時の対処法をメールなどで紹介し、
社内で事故が起こらないよう周知しております。