個人情報の扱い方とコンピューターウイルス感染対策

From:内部監査部 Date:2018.09.26

昨今も様々な漏洩事故が報道されています。
クレジットカード会社や通販サイトを偽装した
ビジネスメールも多く見受けられ、
情報漏洩対策は企業における重要な任務です。
個人レベルでも頻繁に起こっていることから
日頃から偽装メールのアドレスや文面などを
チェックしておくことも大切ですね。

ドクターシーラボでも
「個人情報の扱い方とコンピューターウイルス感染対策」
というコンプライアンス教材を使った研修を実施しました。

業務で当たり前のように利用するインターネット。
インターネットの利用は常に危険にさらされており、
『不正アクセス』『改ざん』『漏えい』『ウイルス感染』等の
リスクがあることを常に認識する必要があります。

この研修では、情報セキュリティ意識の向上を目的として
 「個人情報の扱い方」
 「コンピューターウイルス感染対策」
を題材としました。

大切な心構えとしては
「預かりもの」という意識を持ち続ける事。

預っているものを大切に扱う心こそが
情報漏洩事故を防ぐ対策の本質なのだと
考えます。